「そういえば さぁ、昨日……」

「そういえば 最近……」

思い返すと、「そういえば さぁ、」は
日常の会話の所々に姿を見せる。


「そういえば さぁ、私この前…」

「あぁ、そういえば、私も…」


「そういえば さぁ、」は、
次の誰かの「そういえば さぁ、」を生み、
そうして、その「そういえば さぁ、」は、
新たな「そういえば さぁ、」を
生んでいく。


誰かの「そういえば さぁ、」を受けとめ、
会話を続けていく。
そうして、次の誰かへ
「そういえば さぁ、」と話しかけていく。
ほっとくと消えゆく会話を、
おせっかいにもつかまえて、続けていく。


そうした先、
どんなことが起こるんだろうか。


よろしければ、どうぞご一緒に。

N E W !

book_vol.002



<Vol.002>
2016.8.2[Thu] 発売

そういえば さぁ、』10ヶ月ぶりの新刊。
テーマは「あんまり知らない夜のこと」
近頃、夜がどうも明るすぎやしないか。
夜には影であり、闇が必要だ。
 世界と自分の境界があいまいだからこその
 楽しみ方がきっとあるはず。
 夜のまち、夜の暗闇にさあ、
身を委ねてみよう。


最新刊を購入

DISTRIBUTOR

【取扱店】※取り扱い店募集中です

[西国分寺]クルミドコーヒー

[国分寺]おばあさんの知恵袋 / まどそら堂 / 七七舎

[国立]PAPER WALL nonowa国立店

[武蔵境]Cafe Fermata

[田無]田無なお吉

[ひばりが丘]COMMA,COFFEE

[さいたま]カフェレストラン バオバブ

BACKNUMBER

【主な取扱店】クルミドコーヒー / PAPER WALL nonowa国立店 / COMMA,COFFEE など

創刊号
「“西国分寺“って
どこにあるんだっけ?」

創刊号のテーマは
 「"西国分寺"ってどこにあるんだっけ?」

 駅名としては存在するものの、
 住所名としては存在しない”西国分寺”
 その存在、形はどこにあるのか
 徹底的に追いかけました。
 まちの境界線はない方が面白い…?
 後半では、西八王子、西立川の住民との
 「辺境座談会」も収録。

創刊準備号
「最近あの本屋、なくなったよね…」
【SOLD OUT】

創刊号の前に発刊した幻の創刊準備号。
 改訂を経て、再び販売いたしました。

 テーマは
 「あの本屋なくなったよね…」

 「国分寺は昔本屋天国だった」という話から
 国分寺・本屋の地層を探った1冊。
 かつて国分寺にあった2つの本屋
 『ブック堂本舗』と『アヴァン書房』
 その始まりと終わりの記録。

取材にご協力くださったみなさま

おばあさんの知恵袋 秘密結社 KBJ ごはん処 にな川

From the Twitter

そういえば さぁ、編集部の「そういえば さぁ、」